Baumer

 

Baumerについて

Baumer(バウマー)社は、1952年ハーバート・バウマー氏により設立された企業です。

現在、19ヵ国38地域に拠点があり、従業員2300人を超す国際的な企業に成長し、様々なセンサーの開発と製造を行っております。

1952年に創業して以来、革新的かつ優れた製品をお客様に届けたいという情熱が、60年以上経った今も、冷める事なく、溢れ続けております。

「お客様の、役に立てるような提案をしたい」、それを実現するためには、お客様の声をよく聞き、困難な状況でも一緒に乗り越えなければなりません。一般的なアプリケーションから複雑なアプリケーションまで、正確に対応するには、製品の質と性能が非常に重要です。伝統的な製造手法を守りながら、未知な所で探索するように、常にチャレンジ精神を持ち、最高レベルの技術で、今までにない製品を作り出しています。「パートナーシップ」、「正確」、「チャレンジ精神」が、Baumerブランドのコアになっています。

Baumer×REPIC

弊社 林栄精器株式会社は、1975年からBaumer社の高精度タッチスイッチ(My-Comシリーズ)を日本で販売し、Baumer社のアジア初の代理店として、1977年に契約してから、まもなく40年になります。

1970年代、製造業によく使用された接触式スイッチで、My-Com(マイ―コム)のように超精密かつコンパクトな製品は、日本にはまだ存在しませんでした。現在、類似した製品が多数出回っていますが、My-Com(マイ―コム)はそのオリジナルだと言えます。

市場の変化に合わせて、現在、高精度タッチスイッチMy-Com(マイ―コム)だけではなく、誘導型近接センサー、静電容量型近接センサー、超音波センサー、光電センサー、レベルスイッチ、ビジョンセンサーなど、Baumer社の数千種類の製品を取り扱っており、40年近く経った今も、スイスBaumer社の日本正規代理店として、日本のお客様に革新的かつ優れた製品と、お役に立てるようなご提案を、心がけたいと思っております。

Baumer

1970年代のスイスBaumer本社

Baumer

1966年にリリースされた世界初の高精度タッチスイッチ(My-Comシリーズ)

Baumer

1977年にBaumer社は林栄精器株式会社と正規代理店契約

Baumer

1979年、当時の林栄精器株式会社のBaumer製品担当が、Baumer社のスイス本社を訪問

Baumer

現在のスイスBaumer本社


関連情報

  • Baumer社製品「MY V2/K618」と「MY V2/K768」は既に生産中止になっております。代替品はございませんので、ご了承下さい。
  • Baumer Group(バウマー グループ)製品に関する重要なお知らせ。
  • 「Baumer社製品 次世代円柱型超音波センサー UR18シリーズがリリースされました。製品の詳細について、お手数ですが、弊社までご連絡下さい。
  • Baumer社製、光電センサーFHDK 10P3101/KS35の供給が終了致しました。補修用などの必要がありましたら、代案をご提示致しますので、弊社までご連絡下さい。
  • スイスBaumer社製品に関して、新RoHSガイドライン2011/65/EGが2013年1月から施行されます。新CE標準はEMCガイドライン2004/108/EG と、RoHSガイドライン2011/65/EGを含むことになります。つまり、RoHSガイドラインがCEガイドラインの中に含まれているということです。従って、製造者(スイスBaumer社)は製品にCEマークだけのラベルをつけることになります。RoHS規制は、自動的にCEの中に含まれます。
  • Baumer社製品SCATEC(スキャテック)の第1世代と第2世代のモデルの購入後サービスが終了致しました。
  • Baumer社製品ES100は生産中止になりました。Baumer社製品MyV2/K618に関しては、弊社の営業担当にてご確認下さい。

関連リンク

お問い合せはこちら お見積りはこちら 電話でのお問い合わせ

このページのトップへ戻る