インクリメンタルロータリー光ファイバーエンコーダーシステム

型番:MR 320シリーズ

概説

MR320 シリーズは商業用としては世界初の完全パッシブインクリメンタルロータリーエンコーダー型の光ファイバーシステムです。この光ファイバーエンコーダーシステムはコントローラー部とセンサー部が分離されており、コントローラー部とセンサー部は光ファイバーにより接続されます。センサー部には一切のコントロール機能を持たず、MR320からの発光信号のみが利用されます。このため、センサー部、光ケーブル内は光の断続的な信号のみが伝送されるため、極めて高度なノイズ免疫と雷免疫が達成されます。

一般的なエンコーダーやデータを伝送する光エンコーダーでは問題の発生しやすい場所(ロープウェイや風力発電、海上クレーン、MRI)にその能力を発揮する究極の光ファイバーインクリメンタルロータリーエンコーダーシステムです。

A/B直角位相シングル、RS422/RS485、RS232(オプション:
MR232-1コンバーターケーブル)、USB(オプション:MR232-2)とアナログアウトプット(4-20mA/±10VDC)など、多彩なインタフェースの他、光ファイバーの長さは2500メートルまで対応可能、オプションで使用周囲温度範囲を-60℃〜+150℃までカバーでき、使い勝手の良いシステムです。


100%パッシブ(受動部品)

特徴

  • 100%パッシブセンシングデザイン、電源が必要ありません
  • EMI、RFIとグランドループ免疫
  • 雷免疫
  • 光ファイバー最長2500メートルまで対応可能
  • 分解能は100ppr〜1024ppr対応可能
  • 幅広い使用周囲温度-40℃~+80℃
  • オプションで使用周囲温度範囲を-60℃~+150℃まで対応可能
  • ATEX防爆仕様
  • MRIアプリケーション対応可能


お問い合せはこちら お見積りはこちら 電話でのお問い合わせ
光ファイバーエンコーダーシステム・ 回転ポジションコントロール
光ファイバーエンコーダーシステム
ロータリーカムスイッチ
プログラムタイマー
電動ポテンショメータ
アクセサリー/説明書
  • MICRONOR

このページのトップへ戻る