RPN-11016ch LEADING-EDGE DISCRIMINATOR

型番:RPN-110

RPN-110

概説

RPN−110は光電子増倍管やワイヤーチェンバーからのシグナルノイズをはねのけ、波形整形して出力するLEADING EDGEタイプのDISCRIMINATORモジュールです。
各chは、可能な限りクロストークを軽減するために独立した回路構成になっています。
スレッショルドレベル及び信号幅は、フロントパネルのボリュームにおいて全ch共通に可変する事ができます。
VETO機能により全chに対して共通リセットを掛ける事ができます。

特徴

  • 16ch
  • 帯域幅 DC〜70MHz
  • NON−UPDATING出力
  • VETO機能(全ch共通)

仕様

CHANNEL 16ch
BANDWIDTH DC−70MHz
INPUT 0〜−2V 50Ωインピーダンス
入力信号幅≧2ns
VETO INPUT Negative NIM 50Ωインピーダンス
入力信号幅≧10ns
OUTPUT Negative NIM 50Ωインピーダンス
(2出力/ch) -32mA出力
THRESHOLD −20mV〜500mV(全ch共通)
WIDTH CONTROL 10ns〜150ns
(CH間の相対精度±5%以下)
STABILITY 0.2%/℃
PROPAGATION DELAY ≦10ns
PACKAGING NIM 1幅
POWER SUPPLY +12V 120mA
+6V 120mA
−6V 1750mA

PDFダウンロード

お問い合せはこちら お見積りはこちら 電話でのお問い合わせ
モジュール・電源
NIM
CAMAC
VME
クレート・BIN付電源
HV・LV電源
GENERAL
PMC
加速器タイミングシステム
  • REPIC
  • Phillips Scientific
  • SIS
  • iseg
  • Wiener
  • Technobox
  • 林栄精器製の電源/回路製品のアフターサービス

このページのトップへ戻る