蓄積電流測定New-PCT

型番:NPCT

蓄積電流測定 New-PCT

概説

平均ビーム電流測定

ビームを遮断せずに電流強度を測定できます。
1966年CERNのDr. Klaus B.Unser が発明しました。一般的にDCCTとよばれています。
New PCTは開発者Unser氏によって、その原理を発展、改良してあります。

仕様

フルスケール : ±20mA 〜±20A (TTLレベル信号でリモート選択。)
分解能 : 5uA/sqr(Hz)
オプション : 1uA/sqr(Hz) またはそれ以下
周波数応答 : DC〜 10KHz
直線性 : <0.1%
センサー内径 : 55mm 〜 245mm もっと大きい内径も製作します。
どんな真空ダクトにも適合します。

アプリケーション分野

New PCTは 加速器の平均ビーム電流測定に使用します。
マシーンチューニング、コミッショニングの必需品です。
幅広いダイナミックレンジ、広いバンド幅、高分解能は蓄積リングのビーム寿命測定に理想的な測定器です。

他のビームモニタのリファレンスとして役立っています。

PDFダウンロード

お問い合せはこちら お見積りはこちら 電話でのお問い合わせ
ビームモニタ・電流測定
ビームモニタ
AD変換データ収集システム
  • BERGOZ

このページのトップへ戻る