電荷量積分電流トランス(ターボ)& 電荷量測定(RF)Turbo-ICT & BCM-RF

型番:ICT

img_ict_02
img_ict_03

概説

Turbo-ICTはRF 350MHzまでのトランスファーチャージを1%以下のコア損失で積分します。出力パルスの継続時間が、既製のICTと比べて70nsから3nsになりました。増加した出力振幅は、SN比で5倍に改善しています。

CW(Continuous Wave)とマクロパルスカレント測定

  • 最大電流 20mA
  • RF 1 MHz〜350MHz
  • 出力バンド幅 >5MHz
  • ノイズ 〜0.1 uArms(※) DC 5MHzまで

シングルバンチチャージ測定

  • バンチ幅 1 fs〜1 ns
  • バンチチャージ 100 fC〜100pC
  • シングルバンチ測定ノイズ 10 fC(※)

(※) Turbo2オプション

テクノロジー

Turbo-ICTは1コア以上の2コア、4コア、8コアから出来ています。
コアは互いに出力電圧を増やすために直列に、もしくは出力電流を増やすために並列につながっています。

直列と並列の組み合わせは、アンプノイズを低減した最初のアンプの入力インピーダンスマッチングさせるために、Turbo-ICTの出力インピーダンスを制御することができます。

Turbo-ICTアンプとRFモデュレーターは、グランドループを避けるためにケーブルを通じてBCM-RFから供給されます。

BCM-RFは、実質的には2種類の操作モードを持つRFレシーバーの一つです。
- Track-Continuousモード(CWとロングマクロパルス)
- Sample&Holdモード(シングルバンチ)

出力は、ビームカレントまたはバンチチャージのlog値になります。

PDFダウンロード

お問い合せはこちら お見積りはこちら 電話でのお問い合わせ
ビームモニタ・電流測定
ビームモニタ
AD変換データ収集システム
  • BERGOZ

このページのトップへ戻る